お金を守る力の事例共有#3 代金払ったのに届かぬ中古車 それもしかして「水没」車?全国でトラブル相次ぐ

水没車 事例共有
スポンサーリンク

お金を守る力の優先度

守る力の優先度

リベラルアーツ大学(リベ大)の両学長(@freelife_blog)が「お金の大学」で話をしている「お金にまつわる5つの力」は以下のとおりです。

  1. 貯める力
  2. 稼ぐ力
  3. 増やす力
  4. 守る力
  5. 使う力

5つのうち「1.貯める力、2.稼ぐ力、3.増やす力」がとても重要で「お金の大学」では92%ものページが、上記3つの力の解説に割り当てられています。

5つの力の中でも「貯める力・稼ぐ力・増やす力」の3つは非常に重要です。

優先度という視点では、守る力は4番目となりますが、優先度が低いからと準備を怠っていると、3つの力で築き上げた大切な資産を失う可能性があります。

お金を守る力の事例共有で資産を守る

守る力の事例共有で資産を守る

本記事では4つ目のお金を守る力の事例を共有していきます。大切な資産を減らさないために、3つの力を鍛えながら、貯めた資産を減らさない力もつけていきましょう。

お金を守る力の事例共有として、2020年10月の「お金にまつわるニュース」を紹介します。

代金払ったのに届かぬ中古車 それもしかして「水没」車? 全国でトラブル相次ぐ

 中古車の購入代金を払ったのに納車されず、お金も返ってこない――。そんなトラブルに見舞われるケースが全国で相次いでいる。国民生活センターによると、中古車売買を巡る相談はここ数年、7000件台で推移する。岐阜市の中古車販売業者から車を購入しようとした男性の話から、トラブルの実態を探った。

 2020年2月、大手中古車サイトを見ていた名古屋市の男性会社員(36)は、1台の黒いミニバンに目を留めた。製造は19年式、走行距離は3000キロと短い。幼い子どもがいるため、スペースにゆとりのある車を探しているところだった。問い合わせると、業者から「内装外装ともにコンディション大変良好な車」とメールが届いた。実車を見た上で271万円で買う契約を結び、2月中に全額支払った。

 当初は3月下旬に納車のはずだったが、業者は「新型コロナウイルスの影響で整備工場の人が足りない」と釈明し、4月上旬に延期された。さらに、延期日の当日になると、業者は電話で「エンジン異常の警告灯がついた」。結局この日も納車されなかった。車庫証明の期限が過ぎ、諦めた男性は弁護士を通じて解約を通告。返金を求めたが、業者とは一切連絡が取れなくなったという。

 男性は車の書類に記された情報をたどり、以前の持ち主だった福岡県の女性にたどり着いた。連絡を取ると、女性は昨夏の大雨で車が水没し、手放していたことが判明した。業者からは一切説明がなかったことだ。

 「水没したと知っていたら買っていない。泣き寝入りはしたくない」と、男性は業者を相手取り、代金請求訴訟を名古屋地裁に起こした。詐欺事件の可能性もあるとして、岐阜県警にも相談している。【井口慎太郎】

引用元:毎日新聞

お金を守る力【本事例を読んで思ったこと】

お金を守る力【本事例を読んで思ったこと】

このような中古車販売店は一部だと思いますが、大切なお金を失いたくないので中古車を購入する際は、トヨタ自動車や日産自動車といったメーカー系の中古車販売店を選びたいと思います。

お金を守る力をつける意味

守る力をつける意味

バビロン大富豪の教えに「お金を天敵から堅守せよ!」という教えがあります。お金を守る力がないと、どんなに資産を築いても経済的自由が達成できないことが100年以上前から言い伝えられています。

お金の大学」のお金を守る力の優先度が低いから、まだお金が十分に貯まってないからとお金を守る力の勉強を後回しにすると経済的自由は得られません。今から天敵から資産を守るための知識を頭に入れていきましょう。

本を読む時間がないという方は、ビジネス系YouTuberの中田敦彦さんがバビロン大富豪の教え(活字版ではなく漫画版の方なので親しみやすいです)を解説されていますので、必ずチェックしましょう!

【バビロン大富豪の教え①】
【バビロン大富豪の教え①】
【バビロン大富豪の教え②】
【バビロン大富豪の教え②】
【バビロン大富豪の教え③】
【バビロン大富豪の教え③】

今後もお金を守る力の勉強となる事例がありましたら共有していきますので、一緒に天敵からお金を守るための知識をつけていきましょう!

本日の記事は以上です。お金を守る力の事例共有#3 代金払ったのに届かぬ中古車 それもしかして「水没」車?全国でトラブル相次ぐの記事を最後までお読み頂きましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました