【SPYD積立】2020年12月の状況報告

spyd SPYD

SPYD積立レポート【2020年12月版】

SPYD積立レポート【2020年12月版】

リベラルアーツ大学(リベ大)両学長の著書「お金の大学(Amazon楽天ブックス)」に書かれている「お金を増やす力」を鍛えるためSPYDを買い増ししています。

株数は少なくても「コツコツ」と「長期」で積み立てていく予定です。

他の米国株式と比較すると、SPYDだけ新型コロナウイルスショックからの回復が遅れていますが購入しました。来月以降も積み立てを継続するかは不明です。米国株式市場の状況をみて判断していきたいと思います。

SPYDの単価は前月比で1.25ドルの上昇です。

2020年12月は33.62ドルで5株購入しました。

証券会社

楽天証券

約定日

2020年12月7日(月)

数量

5株

約定代金/為替レート

168.10ドル/104.36円

手数料/税金

0.75ドル/0.07ドル

受渡金額

17,627円

SPYD積立レポート【全期間の資産状況】

SPYD積立レポート【全期間の資産状況】

SPYD積立をスタートした2020年6月から現在までの資産状況は以下になります。新型コロナウイルスの影響で値下がりをしたままの状況でしたが、少しだけ戻してきました。

今後の値動きに注目して、ダメだと判断したらSPYDに固執せずに他の商品に切り替えていくつもりです。

SPYD積立はフットワーク軽くいきます!

数量

35株

時価評価額

122,339円

評価損益

+12,406円

世界的に新型コロナウイルスが蔓延しているなか、SPYDの価格が上がり続けるのか、値上がりは一時的なもので再び下落するのか、値動きに注目しながら積み立てを検討していきます。

今後のSPYD積立の状況については「SPYD」カテゴリーで報告していきます。とりあえず、来月も楽天証券でSPYDを買い増します!

本日の記事は以上です。

本日の記事は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

本記事が参考になりましたら、以下のボタンよりシェアやフォローをして頂けますと「ブログ記事更新」のモチベーションアップに繋がりますのでよろしくお願いいたします。
タイトルとURLをコピーしました