パンケーキスワップで仮想通貨を買う方法【画像付き解説】

パンケーキスワップ 仮想通貨

パンケーキスワップのやり方がわかりません…

このようなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • パンケーキスワップで仮想通貨を買う方法がわかります。
  • 大手取引所上場前の仮想通貨が買えるのでスタートダッシュが望めます。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う方法

仮想通貨を始めたばかりの方にもわかりやすいよう、難しい言葉は使わずに豊富な画像と関連リンクで補足しながら手順を解説していきます。

パンケーキスワップに使用するウォレットを準備する

パンケーキスワップで仮想通貨を買う場合はウォレットが必要になります。本記事ではSafePalウォレットを使った方法を解説します。

SafePalウォレットはスマートフォンアプリとして用意されています。まだインストールしていない方は以下をご参照ください。

パンケーキスワップの資金(仮想通貨)を用意する

パンケーキスワップではバイナンスコイン(BNB)を使用します。コインチェックなど日本の取引所では取り扱いがない場合が多いので、その場合は一旦ビットコイン(BTC)を購入してからバイナンスコイン(BNB)の取り扱いがある取引所でバイナンスコイン(BNB)を購入します。

バイナンスコイン(BNB)を取り扱っている仮想通貨取引所の口座を持っていない方は以下をご参照ください。

decoinの取引所でBNBが買えます。

パンケーキスワップの資金(仮想通貨)をウォレットへ送金する

ウォレットの受け取りアドレスを確認する

SafePalウォレットでBNBを選択し「受け取る」をタップすると受け取り用のアドレスが表示されるのでコピーします。

ウォレットの受け取りアドレスを確認する

仮想通貨取引所からウォレットへ送金する

仮想通貨取引所、decoinの場合は出金ページでBNBを選択すると「ご出金」というリンクがあるので開きます。

「ご出金アドレス」に上記でコピーしたアドレスを入力し、送金する金額を指定したら緑色の「ご出金」ボタンをクリックします。

アドレスを間違えて入力すると仮想通貨を失います。いわゆる「セルフgox」※です。失った仮想通貨を取り戻すことは出来ません。アドレスに間違いがないことは必ず確認してください。

※セルフgox:自分の不注意で仮想通貨を紛失または引き出せなくしてしまうこと。2014年に大量のビットコインを消失したマウントゴックスになぞらえた造語。

出金を終えたらウォレットへ戻り、バイナンスコイン(BNB)の着金を待ちましょう。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

バイナンスコイン(BNB)がSafePalウォレットへ届いたら画面下のメニューにあるボタン(丸で囲った場所)をタップします。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

以下のような画面が表示されます。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

以下の「PancakeSwap AMM DEX」をタップします。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

BNBの下に「0.0」と表示されている場所をタップして、仮想通貨を買うために支払うバイナンスコイン(BNB)の数量を入力します。

Safepalウォレットに入っているバイナンスコイン(BNB)を全て支払いに充てる場合は「MAX」をタップすれば自動で入力されます。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

次に買いたい仮想通貨を入力します。

上の画像の「CAKE」と表示されている箇所をタップすると仮想通貨の一覧が表示されますので買いたい仮想通貨を選択します。

買いたい仮想通貨が一覧に表示されない場合は「Search name or paste address」と表示されている枠内に買いたい仮想通貨のContract Address(コントラクトアドレス)を入力します。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

Contract Address(コントラクトアドレス)は偽物も多いので必ず買いたい仮想通貨のウェブサイトからコピーしましょう。

また、コピーする際は文字が漏れないよう注意が必要です。

記事を書いている日に偶然GCAKEを買いましたので、GCAKEを例に画像付きでパンケーキスワップの手順解説を続けます。

「Search name or paste address」欄へGCAKEのContract Address(コントラクトアドレス)を入力したことで、これまでCAKEと表示されていた場所に買いたい仮想通貨であるGCAKEが表示されました。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

これでバイナンスコイン(BNB)でGCAKEを買う準備が整いました。緑色の「Swap」ボタンをタップしましょう。

話がそれますが、ここで多くの人が躓いてしまうエラーと対処方法を紹介します。

エラーメッセージ(The transaction cannot succeed due to error: cannot estimate gas; transaction may fail or may require manual gas limit.)が表示された場合の対処方法

「The transaction cannot succeed due to error: cannot estimate gas; transaction may fail or may require manual gas limit.」というエラーメッセージが表示され、先に進めない状態になってしまった人も多いかと思います。

この場合は「Slippage Tolerance」の値を8~10%に設定すれば買うことが出来ます。

上の画像では10%に設定しています。

仮想通貨の価格が大きく動いている時にスリッページの値を大きく設定した場合、緑色の「Swap」ボタンをタップした時と約定した時でレートが異なる可能性が高くなるので留意しておきましょう。

話を戻して、上記緑色の「Swap」ボタンをタップすると以下の画面が表示されますので緑色の「Confirm Swap」ボタンをタップします。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

費用を選択して青色の「確認する」ボタンをタップします。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

私はいつも「お勧め」を使っています。

SafePalウォレットのセキュリティパスワードを入力して「確認する」をタップしましょう。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

「Transaction Submitted」が表示されたら緑色の「Close」ボタンをタップします。

パンケーキスワップで仮想通貨を買う

「Transaction receipt」が表示されたら完了です!

0.2BNBで53,700,000GCAKE買えました。実際には費用がかかるのでGCAKEの数量は表示より少なくなります。

パンケーキスワップで仮想通貨をウォレットに表示させる

このままではSafePalウォレットの所有仮想通貨一覧にGCAKEが表示されません。

頑張って買ったのに…

大丈夫です。以下の手順で追加しましょう。

SafePalウォレットの「+」マークをタップします。

パンケーキスワップで仮想通貨をウォレットに表示させる

検索窓にGCAKEのContract Addressを入力して検索すると「GCAKE(BEP20)」が表示されますので右側の「+」をタップします。

パンケーキスワップで仮想通貨をウォレットに表示させる

これでSafepalウォレットの仮想通貨一覧にGCAKEが追加されました。

パンケーキスワップで仮想通貨をウォレットに表示させる

簡単ですね!

パンケーキスワップで仮想通貨を買う狙い

パンケーキスワップで仮想通貨を買う狙い

パンケーキスワップの優位点はコインチェックなどの仮想通貨取引所に上場する前のコインを買えることです。

詐欺だったり、運営が飛んだりとリスクが高いものも多いですが、真面目に運営しているコインを買った場合は大きなリターンが期待できます。

将来が有望な大きな成長が望める仮想通貨を誰よりも早くゲットして、イノベーターとして大きく稼ぎましょう。

誰よりも早く仮想通貨を買って億り人を目指します!

億り人になれるかもしれない仮想通貨を更に安全に保管したい方は「ハードウェアウォレットの買い方」を注意点を含めて解説していますので、以下の記事もあわせてご参照ください。

スポンサーリンク

最後に私のもう一つのブログを紹介させていただきます。

平均勝率8割のオリジナルFXトレード手法「あび式FX」を徹底解説していますので、FXに興味がある方は遊びに来てください。

あび式FX
3つの準備と1つの根拠でFX初心者でも勝ちやすい手法。56勝6敗(勝率90.3%)+2,304pipsの根拠「新しいお金の稼ぎ方」をブログで徹底解説。

本日の記事は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

本記事が参考になりましたら、以下のボタンよりシェアやフォローをして頂けますと「ブログ記事更新」のモチベーションアップに繋がりますのでよろしくお願いいたします。

人気記事 【仮想通貨SFP】SafePalウォレット設定方法を画像付き解説

人気記事 SafePalハードウェアウォレットの買い方【偽物を買わないための注意点】

タイトルとURLをコピーしました