FXのpipsとは?【FX初心者向けに兼業トレーダーが解説】

FX用語解説 FX用語解説

FXで使われているpipsって何だろう?FXトレードを始めたくて勉強を始めたけど、専門用語からわからない状態なので知りたいな。

このような疑問に答えていきます。

本記事のポイント:FXで使われているpipsの意味について学び、利食いや損切の値幅計算ができるようになります。

現在の私は会社員をしながらFXの兼業トレーダーとして活動しています。2014年からオリジナルのFXトレード手法の研究を始め「あび式FX」を作りました。

>>FXなどの投資については「増やす力」カテゴリーの記事をご参照ください。

今後はFX用語だけでなく、FXトレードについても記事を書いていく予定です。

本ブログ「あびログ」では、FXで全く稼げない状態から、稼げるようになるまでの過程で得られた知識やノウハウをシェアしていきます。

>>「あびログ」トップページはコチラ

スポンサーリンク

FXのpipsとは?

FXで使われているpipsとは値幅の単位を表す用語になります。

値幅の単位=pips(ピップス)

値幅の単位?

例えば、USD/JPY(ドル円)の為替レートが105.00円から105.10円に上昇すると「0.1」の値幅が値上がったことになります。

また、EUR/USD(ユーロドル)の為替レートが1.1800ドルから1.1810ドルに上昇すると「0.001」の値幅が値上がったことになります。

突然ですが、ここで問題です。

USD/JPY(ドル円)の「0.1」とEUR/USD(ユーロドル)の「0.001」は、どちらが値幅が大きいでしょうか?

0.1と0.001、どっちが値幅が大きいのでしょう…

pipsとは?

0.1と0.001だと、0.1の方が大きい気がするな。

答えは…

USD/JPY(ドル円)、EUR/USD(ユーロドル)どちらも同じです。

0.1と0.001が同じ??

上記の例では、USD/JPY(ドル円)、EUR/USD(ユーロドル)どちらも同じ値幅になります。

FXは通貨ペアによって単位が異なるため、値幅の値(0.1 or 0.001)を比較しただけでは正しい値幅を計算することが難しい状態です。

このため、どの通貨ペアでも値幅がわかるように定められた単位がpips(ピップス)となり、1pipがいくらを表しているかは通貨ペアによって異なります。

pipsとは?

まずは、以下のポイントを抑えておきましょう。

1pipがいくらを表しているかは通貨ペアによって異なります。


例えば、USD/JPY(ドル円)やEUR/JPY(ユーロ円)など円の通貨ペアの場合は、1pip=0.01円(1銭)を表しています。

USD/JPY(ドル円)の為替レートが105.00円から105.10円に上昇した場合は、10pips上昇したことになります。

pipsとは?

一方で、EUR/USD(ユーロドル)やGBP/USD(ポンドドル)などのドルの通貨ペアの場合は、1pip=0.0001ドル(0.01セント)を表しています。

EUR/USD(ユーロドル)の為替レートが1.1800ドルから1.1810ドルに上昇した場合も、10pips上昇したことになります。

pipsとは?

FXでUSD/JPY(ドル円)で0.1円、EUR/USD(ユーロドル)で0.001ドルが稼げたよ!

と言われても、どれだけの利益なのかわからない。どっちが大きく稼げたのだろう…

この問題を解決するために、どの通貨ペアでも値幅がわかるように定められた単位がpips(ピップス)となります。

FXでUSD/JPY(ドル円)で10pips、EUR/USD(ユーロドル)で10pipsが稼げたよ!

USD/JPY(ドル円)、EUR/USD(ユーロドル)とも同じ値幅の10pipsが稼げたんだね!

pips(ピップス)で表すことで値幅がわかりやすくなりました。

本日の記事は以上です。「FXのpipsとは?【FX初心者向けに兼業トレーダーが解説】」の記事を最後までお読み頂きましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました