1-1.FX

FXでよく聞く「pips」とは?

FXの勉強を始めると真っ先に現れる見慣れない単語「pips」

「pips」って何?

本日は「pips」について紹介していきます。

FXでよく聞く「pips」とは?

「pips」とはpercentage in pointsの略で為替レートの変化幅を表す単位となります。「pips」は「円」を含む通貨ペアと「円」を含まない通貨ペアで表記内容が異なります。

1.「円」を含む通貨ペア

ドル/円のように「円」を含む通貨ペアのpipsは以下となります。

100pips=1.0円
10pips=0.1円
1pips=0.01円

pipsの計算方法

pipsを決済通貨の円で計算する場合は「pips÷100」、決済通貨の円をpipsで計算する場合は「円x100」で計算出来ます。例えば、通貨ペアのポンド/円で150pipsは150pips÷100=1.5円となります。

2.「円」を含まない通貨ペア

ユーロ/ドルのように「円」を含まない通貨ペアのpipsは以下となります。

100pips=0.01ドル
10pips=0.001ドル
1pips=0.0001ドル

pipsの計算方法

pipsを円を含まない決済通貨で計算する場合は「pips÷10,000」、円を含まない決済通貨をpipsで計算する場合は「円を含まない決済通貨÷10,000」で計算できます。例えば、通貨ペアの豪ドル/スイスフランで0.0080スイスフランは0.0080×10,000=80.0pipsとなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です