1-1.FX

FXの資金管理に必要な計算式 平均コスト

FXトレードでは通貨ペアを何回かに分けて売買します。複数回トレードをした場合、その平均コストを把握する必要があります。

FXの資金管理に必要な計算式 平均コスト

平均コストの計算方法

例:ドル/円の場合

1回目、100円で10,000通貨を注文
2回目、105円で10,000通貨を注文
3回目、110円で10,000通貨を注文

まず、取引数量を求めます。

取引数量=取得価格x建玉数量

取引回数ごとの取引数量を求めます。

1回目、100円*10,000通貨=1,000,000円
2回目、105円*10,000通貨=1,050,000円
3回目、110円*10,000通貨=1,100,000円

取引数量を合計します。

1,000,000円+1,050,000円+1,100,000円=3,150,000円

次に建玉数量を求めます。

10,000通貨+10,000通貨+10,000通貨=30,000通貨

上記の計算式で取引数量と建玉数量が求められましたので、平均コストは以下の式で求めることが出来ます。

平均コスト=取引数量の合計÷建玉数量の合計

3,150,000円÷30,000通貨=105円

105円が平均コストとなります。

通貨ペアに円を含まない場合でも、上記例では3回だったトレード回数が何回になっても(減っても増えても)計算方法は変わりません。最初に取引数量を求め、次に建玉数量を求め、最後に取引数量の合計を建玉数量の合計で割って平均コストを求めます。

平均コストの計算テスト

以下の条件での平均コストを計算しましょう

問題(例:豪ドル/ドルの場合)
1回目、0.800ドルで10,000通貨を注文
2回目、0.820ドルで10,000通貨を注文
3回目、0.840ドルで10,000通貨を注文
4回目、0.860ドルで10,000通貨を注文

解答
1.取引数量を求めます。
1回目、0.800ドル*10,000通貨=8,000ドル
2回目、0.820ドル*10,000通貨=8,200ドル
3回目、0.840ドル*10,000通貨=8,400ドル
4回目、0.860ドル*10,000通貨=8,600ドル

2.取引数量の合計を求めます。
1回目、8,000ドル
2回目、8,200ドル
3回目、8,400ドル
4回目、8,600ドル

合計、33,200ドル

3.建玉数量の合計を求めます。
1回目、10,000通貨
2回目、10,000通貨
3回目、10,000通貨
4回目、10,000通貨

合計、40,000通貨

4.平均コストを求めます。
33,200ドル÷40,000通貨=0.83ドル

0.83ドルが平均コストとなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です