3-2.楽天経済圏を活用する

楽天経済圏へ突入するも楽天モバイルは契約しません

楽天市場、楽天カード、楽天銀行、楽天証券と徐々に楽天経済圏へ突入し、先日は楽天モバイルへの移行を検討しましたが、シミュレーションの結果、以下の理由で楽天モバイルは契約しないことにしました。

スマートフォンも「楽天モバイル」で楽天経済圏に突入なるか!?楽天へ会員登録をしてからは、楽天市場、楽天カード、楽天銀行、楽天証券と「楽天経済圏化」が進んでいます。「そろそろ固定費も楽天にしようか」...

楽天経済圏へ突入するも楽天モバイルは契約しません

au、docomo、softbankなどを利用されている方には楽天モバイルへ移行するメリットがあるのかもしれませんが、私はNTTコミュニケーションズのOCNモバイルONEを利用し、通話は基本プラン、通信は110MB/日(約3.3GB/月)のプランで満足しているので、楽天モバイルの「10分以内通話料無料」しか選べない通話プランや、「2GBの次のプランが6GB」という通信プラン(3GBくらいのプランがあれば良かったのですが)はあいませんでした。

チャットを利用して楽天モバイルのサポートへ3GBプラン新設の予定がないか聞きましたが、「高速通信容量を超えた後も、最大で1Mbpsでのご利用が可能でございます。その為、通信速度制限後も、インターネット通信はご不便なくご利用いただけますので、データ通信量2GBのスーパーホーダイ プランSをお勧めいたします。」という回答でした。

もしかしたら、今後の通話と通信が増えるかもしれないと、先日は以下のページで楽天モバイルとOCNモバイルONEを同じ条件(データ通信量6GB、10分以内の国内通話かけ放題込みプラン)で比較しましたが、契約年数が長くなればなるほど、楽天モバイルの「100円あたり1ポイント付与」を勘案しても納得出来る支払額にはなりませんでした。

スマートフォンも「楽天モバイル」で楽天経済圏に突入なるか!?楽天へ会員登録をしてからは、楽天市場、楽天カード、楽天銀行、楽天証券と「楽天経済圏化」が進んでいます。「そろそろ固定費も楽天にしようか」...

楽天市場での支払額が膨大な方は、楽天モバイルを契約することでポイントが+2倍になりますのでメリットがあるかもしれませんが、私には+2倍ブーストは効きませんでした。

楽天市場のほか、各種楽天サービスの活用事例やポイント実績はコチラのブログカテゴリーで紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です