生活習慣を改善する

人間ドックしてますか?

専業トレーダーも兼業トレーダーも、会社員も自営業も、男も女も、大人も子供も、日本人もアメリカ人も、すべての人が生きていくうえで欠かせないテーマが健康です。このカテゴリーでは「やりたいことやっちゃう人生」を楽しむために健康になるための記事をアップロードしていきます。

やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い。数年前に放送された矢沢永吉さん出演の日産自動車株式会社のCMをご存知でしょうか。私はテレビは見ない方なのですが、たまたま、このCMに出会...

私は片道約60分の車通勤の相棒として、いつも地元のFMラジオを聞きながら運転しています。朝の出勤時は毎日日替わりでテーマが発表され、リスナーから投稿された様々な意見をDJが伝えていく番組を聞いています。一つのテーマにいろいろな意見があるのが面白くて何年も聞いています。

そして、先日は人間ドックがテーマとなり、多くのリスナーから寄せられた笑いあり涙ありの意見を聞いていたところ、ふと、数日前のとある方のfacebook投稿を思い出しました。

貴方は人間ドックにどれくらいの頻度で通ってますか?

毎年?、二年に一回?、四年に一回?FMラジオ番組のDJ風に聞いてみました。ちなみに私は人間ドックには一回も行ったことがありません。病院苦手なので…

とある方のfacebook投稿、とある方とは

その方のお名前は藤野英人氏。レオス・キャピタルワークス株式会社のファンドマネージャーです。

以下、Wikipediaから引用。
藤野英人(ふじの ひでと)は富山県出身の投資家(ファンドマネジャー)。レオス・キャピタルワークス株式会社の創業者の1人。現在はレオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者(CIO)。特に中小型および成長株の運用経験が長く、ファンドマネジャーとして約30年の経験を持つ。自身が運用責任者を務める「ひふみ投信」「ひふみプラス」「ひふみ年金」は主に日本の成長企業に投資するアクティブファンド。投資教育にも注力しておりJPXアカデミー・フェロー、明治大学商学部兼任講師、国境なき医師団フィランソロピック・アドバイザーも務める。趣味はピアノ、社交ダンス、テニス、将棋(アマチュア5段)など。

藤野英人氏の経歴
1966年 富山県生まれ。
1985年 愛知県立旭丘高等学校卒業。
1990年 早稲田大学法学部卒業後、野村投資顧問株式会社(現:野村アセットマネジメント)入社
1996年 ジャーディンフレミング投信・投資顧問株式会社(現:JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社)入社
2000年 ゴールドマン・サックス・アセットマネジメント入社 、明治大学兼任講師
2003年 レオス・キャピタルワークス株式会社を創業
2005年 株式会社イデアインターナショナル取締役
2006年 株式会社ウォーターダイレクト(現:プレミアムウォーターホールディングス)取締役
2008年 レオス・キャピタルワークス株式会社において運用会社が直接販売をする直販投信、「ひふみ投信」の運用を開始する
2009年 リーマンショックの影響によりレオス・キャピタルワークスの株式をISホールディングスに1株1円、総額3240円で売却、社長を辞任し最高投資責任者として運用に専念
2013年 八面六臂株式会社社外取締役
2015年 レオス・キャピタルワークス 代表取締役社長に復帰、最高投資責任者と兼任

とにかくすごいお方です。藤野英人氏の著書も沢山ありますので、ぜひチェックしてみてください。


facebook投稿の中身

大尊敬する藤野英人氏のfacebook、公開設定となっていたので、私からもシェアしたいと思います。

先週は月曜日に風邪をひいてからなんとなく一週間不調だった。

日頃の頑張りはある意味恵まれた体力に支えられているということは不調になるとよくわかる。またあまり自分を労っていないので、体力という資産を早食いしているような気もしている。

いつも健康は重要な目標だけれども、とりあえずそれよりも仕事であったり当面の自分の目標に体の資産を切り売りしているという感覚があったので、自分の体の状況をまずはすみずみ知っておき問題があればそれに向き合うというのはまずは令和という元号が変わってやるべきことだろうと思った。

平成の負債を令和に持ち越すのは確実なので、令和元年にはなるべく、しなければいけない体への手当をして、少なくとも次の元号まで心と体をもたせたいと考えている。

人間ドックは年に2−3回程度はしているが、この間、ある経営者にそれは「少なすぎる」と怒られた。その人はほぼ毎月チェックしているそうだ。

そこまではいかなくても、月1は血液検査など簡単な検査はしている。胃カメラは年に2回位飲んでいるし。ただこれからは少し頻度をもっと上げるべきなのであろう。

本日は人間ドックの日だった。ついでに大腸の内視鏡の検査もいれてもらった。

大腸の内視鏡の検査はなんと9年間していなかった。脳ドックも心臓ドックもそもそもしていない。ここらへんもしっかり見ておくべきなんだろう。

とりあえず大腸の中はきれいであってよかった。でもそれはたまたま偶然であって、もしこの9年間の間に大腸がんが発生していたらかなりの角度で見落としていた可能性がある。

よく所有から使用の時代へとか言われるが、そもそも所有というのも永遠にできるわけではないのだ。20歳で所有したものは、だいたいどんなに長くても80年で失わう(自分が死ぬ)ので、そういう意味ではすべてのものはレンタルである。わたしはどのようなものや事柄もあと30−50年程度しか保有できない。

レンタル期間を伸ばすためには、そのモノの寿命よりもこれからは自分の寿命を伸ばすほうが大事だ。それも健康寿命がそれと同じくらい重要だ。テニスラケットがあっても、テニスができなくなったら持っていても意味がないからだ。

ウォーレン・バフェットがすごいのは、今も現役あるということだ。もちろん才能や努力や運がすごいうのはもちろんだけれども、健康で働いている状態を90歳近くになっても続けているというところがなによりもすごい。

スティーブ・ジョブスは56歳で死んでいる。どんなに兆単位のお金があっても死ねば使えない。もし命をお金で買うことができたら、彼なら10年の命も1兆円でも惜しくなかっただろう。

とにかく1年1年丁寧に生きなければ。


そうだ、人間ドック行こう

私は日頃から人生を楽しむために健康でいなくては!とか、何が入ってるかわからないコンビニ弁当は食べるな!とか、生活習慣を変えろ!とか、寿命を意識しろ!とか、偉そうなこと言ってますが、病院が苦手という理由で一度も人間ドックに行ったことがないことが恥ずかしくなりました。藤野英人氏のFacebookの投稿を読んだときは、年に二回、三回は行き過ぎだろう、毎月はおかしいだろう、と思いましたが、その前に一回も行ったことがない方がおかしいだろうと…

確か、一カ月くらい前に会社から人間ドックの案内が郵便ポストに届いていたので開封してみようと思います。放置していた自分が恥ずかしい。

セブンイレブンの親子丼弁当の卵黄の正体を考えると怖くて震える専業トレーダーも兼業トレーダーも、会社員も自営業も、男も女も、大人も子供も、日本人もアメリカ人も、すべての人が生きていくうえで欠かせない...
余命を意識して生きていきましょう私たち人間だけでなく生き物は必ず死にます。生き物には寿命があります。 子供の頃に寿命について考える機会は少ないと思います。人はいつ...



FX(外国為替証拠金取引)をはじめとする投資関連の記事のほか、当ブログの全ての記事は管理人の個人的な見解を記載しているものであり投資勧誘を促すものではありません。投資を行う際は、それに関わるリスクを十分に考慮のうえ、投資の運用は自己判断・自己責任のうえ行ってください。

ブログランキングに参加しています。

1日1回の応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です