1-4.生活習慣を改善する

ファイトケミカルパワー!野菜スープを作ってみた。

専業トレーダーも兼業トレーダーも、会社員も主婦も、男も女も、大人も子供も、日本人もアメリカ人も、すべての人が生きていくうえで欠かせないテーマが健康です。このカテゴリーでは「やりたいことやっちゃう人生」を楽しむために健康になるための記事をアップロードしていきます。

やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い。数年前に放送された矢沢永吉さん出演の日産自動車株式会社のCMをご存知でしょうか。私はテレビは見ない方なのですが、たまたま、このCMに出会...

ファイトケミカル、野菜スープとは

「好きなものを食べながら健康的にやせる 帳消しダイエット(日本実業出版社)」の著者であるハーバード大学医学部准教授で麻布医院の院長が考案したスープで、野菜に含まれる「ファイトケミカル」(天然の機能性成分で癌や生活習慣病などの病気を防ぐ働きがあり、抗酸化作用や脂肪の燃焼を助けるダイエット効果などがあると言われています)のパワーが簡単に摂れる一品になります。

ファイトケミカルの原材料は4種類の野菜と水。これだけで簡単に作ることが出来ます。

ハーバード大学式 最強! 命の野菜スープ (宝島社)」 でも野菜スープが紹介されており、amazon.comのウェブサイトでは『「ハーバード大学式 命の野菜スープ」の最新版です。キャベツ、かぼちゃ、にんじん、玉ねぎ。この4種類の野菜だけで誰にでも簡単に作れるシンプルな野菜スープには、健康をリセットし、病気を予防する体にやさしい自然の力が秘められています。この「ハーバード大学式 命の野菜スープ」にはファイトケミカルがたっぷり含まれています。ファイトケミカルは野菜や果物に含まれる天然の機能性成分、抗酸化作用やデトックス作用、免疫を整える作用、がんや動脈硬化を予防する作用、ダイエット効果、アンチエイジング作用など色々な機能を持っています。ファイトケミカルたっぷりの野菜スープで、日々の乱れた食生活を帳消しにして、健康をリセットして下さい。この野菜スープは誰にでも簡単作れ、作り置きができます。冷蔵・冷凍保存ができるので、毎回作る手間がかからず、毎日続けられます。』と紹介されています。

手軽に作ることが出来ますので、ぜひトライしてみてください。

ファイトケミカルレシピ、野菜スープの材料

水、1リットル
キャベツ、100g
人参、100g
玉ねぎ、100g
カボチャ、100g
(3~4人分)



ファイトケミカルレシピ、野菜スープの作り方

キャベツ、人参、玉ねぎ、カボチャをカットします。人参、カボチャは皮付きのまま使います。

カットした野菜と水を鍋に入れます。

蓋をして弱火でコツコツと30分煮込みます。

以上です。簡単ですね。

加熱することで野菜の硬い細胞壁が壊れ、細胞から有効成分がスープに出てきますので消化吸収が早くなります。

ファイトケミカルレシピ、野菜スープの飲み方

食事の前に飲むとお腹が落ち着くため食事は少量で満足することから、ダイエットに効果があると言われています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です