キャッシュレス

新紙幣の発表には裏の意味がある

2019年4月9日(火)、政府から偽造防止に対応するために10,000円、5,000円、1,000円紙幣のデザインを刷新すると発表がありました。発行は2024年度前半のようですが、先日の新元号令和の発表に続いて賑やかな2019年度のスタートとなりました。

公開された紙幣のイメージを見ると、10,000円紙幣の表面は日本資本主義の父と言われている渋沢栄一で裏面は東京駅丸の内駅舎、5,000円紙幣の表面は津田塾大学創立者の津田梅子で裏面は藤の花、1,000円紙幣の表面は近代日本医学の父と言われている北里柴三郎で裏面は富嶽三十六景の神奈川沖浪裏が描かれています。

従来の紙幣とは肖像画、フォント、文字の配列が大きく変更されたデザインで新しさを感じるとともに、1,000円と10,000円のフォントが異なっているなど細かいところまで作りこまれた紙幣になっているようです。10,000円の裏面はユーロっぽくて、1,000円の裏面は外国人受けしそうなデザインで、はっきりとした色で差別化がはかられ、金額の数字が大きくなったことで外国人観光客にも親しまれるものになりそうです。

新紙幣の発表には裏の意味がある

新紙幣の発行で偽造防止となることは良いことですが、これよりも大切なことがあります。それはキャッシュレス化。日本はキャッシュレス普及率が約20%と低迷しています。これは、クレジットカード、QRコード決済、電子マネーなど、全てのキャッシュレス媒体を合計した値で、政府も低すぎることは認識しており、2025年までにキャッシュレス普及率を40%まで上げる目標があります。(これでも低いですが…) 

2020年には首都圏でオリンピックが開催され、多くの外国人が羽田空港や成田空港から現金に両替しないで都心へやってくることも政府は既に予測しています。紙幣を新しくするより、1%でも高いキャッシュレス普及率を実現させる方が先ではないでしょうか。

まもなくキャッシュレス関連企業が参加してキャッシュレスウィークが始まります。日本が他の国と肩を並べて世界の先頭を歩くには早急なキャッシュレス化が欠かせません。そんな時代に新紙幣を発行するなんて。政府は何を考えているんだ!


渋沢栄一を起用した意味

10,000円紙幣に日本資本主義の父と言われている渋沢栄一を起用したことは、目先の利益しか考えていない経済界に対する政府からのメッセージではないか?無能な経済界のトップが新しい10,000円紙幣を手にするたびに渋沢栄一を見ることとなり、肖像画を見たくない!堪えられない!とキャッシュレス化が進むのではないか?

ダサくて古臭いデザインの意味

Twitterを見ていると、ダサいとか古臭いとか不評が多くみられますが、これもダサいくて古臭いなら、現金という古臭いものなんか使わずにキャッシュレス化しなよ!2024年まで待ってやるから!(2025年までにキャッシュレス普及率を40%に上げる目標を達成するため)という政府からのメッセージなのではないか?

などと、新紙幣の発表には裏の意味があるのでは?といろいろと考えちゃいました。



ブログランキングに参加しています。

1日1回の応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です